サブメニュー

多重債務防止のための貸金業法改正

従来、お金を借りている人の多重債務が社会問題となりました。年収以上のお金を借りて自己破産する人も増えてきました。

 

中には、少額のお金を複数の貸金業者から借りることによって、審査を通りやすくしていた利用者もいたほどです。

 

 

そんな多重債務問題を解決するために、貸金業法が改正されました。

 

年収の3分の1以上は原則として借りられない

貸金業法の改正によって導入されたのが「総量規制」。これは、年収の3分の1以上のお金を借りることを原則としてできなくするルールです。

 

少額のお金を複数の業者から借りて総量規制を突破しようとしても、借入総額などは信用情報機関に筒抜けですので、それもできません。

 

住宅ローンやおまとめローン、銀行のカードローンなどは総量規制の対象外の商品でしたが、それ以外でも年収の3分の1以上のお金を借りたい人は大勢いました。

 

多くのお金を借りたい人がヤミ金に流れる

これまでヤミ金といえば、過去に自己破産をした人や多重債務者など、問題のある利用者を対象としてきました。問題のある利用者を顧客としてきたのですから、当然リスクもある商売です。

 

そのリスクの分を、異常な暴利という形で補てんしていたのがかつてのヤミ金でした。

 

しかし、総量規制の実施によって、自己破産者や多重債務者以外の人も、ヤミ金へ流れるようになってきました。ヤミ金が分からしても、問題のある利用者よりこのような優良顧客にお金を貸したいものです。

 

優良顧客獲得のためにソフト路線へ

お金を借りたい人がまず注目をするのが金利です。優良顧客を集めたい業者は、まずヤミ金よりも低い金利設定にすることを考え、金利のソフト路線へと走りました。

 

ヤミ金でお金を借りたい人も、暴力的な取り立てはさすがに敬遠します。優良顧客はそんなことをしなくても返済してくれますので、暴力的な取り立てをやめて親身に対応するなど、対応に関してもソフト路線へとかじを切りました。

 

しかし、いくら優良顧客といえども返済が難しくなることもあります。ヤミ金より低金利とはいえ、一般からすれば暴利には違いありませんので。

 

優良顧客は返済が遅れてもきちんと返済してくれることが多いので、正当な理由がある場合には返済期限を延ばすなど、返済に関してもソフト路線を採用しました。

 

多重債務者撲滅を狙った貸金業法改正は、結果として「ソフトヤミ金」という新たな多重債務の根源を生み出してしまったのです。

 

だからと言ってソフトヤミ金の存在が許されるものではありません。違法な金利と限りなく違法性の高い取り立てを行うため、利用をすることも認められたものではないのです。

 

どうしてもお金に困って借りてしまった場合には、とにかく早めに問題が大きくなる前にヤミ金融に関する相談を弁護士や司法書士などの法律家のもとで進めてみると良いでしょう。

 

本当に恐ろしいヤミ金の高金利

ヤミ金とは、法律で制限されている上限金利異常での貸し付けを行う違法な貸金業者です。俗に「トイチ」と呼ばれる十日で一割の利息で貸し付けを行う業者もあり、深刻な社会問題となっています。

 

借りる側はすぐ返してしまえば利息も小さいからと油断してしまうのですが、ズルズルと返済が遅れるとあっという間に借金が膨らんで行き詰まってしまいます。

 

最近はトイチよりも悪質な十日で五割の利息を要求する「トゴ」で貸し付けを行うヤミ金業者も出始めており、お金の問題に悩んでいる人の悩みに付け込んでいものにする姿勢が鮮明になっています。

 

トゴの金利でお金を借りてしまえば、たった十日で借金総額は元金の225%になってしまいます。これではどんなに努力したところで、返済が追い付くはずはありません。

 

もっと恐ろしいのが「アケイチ」と呼ばれる一日一割の高金利です。年利に直せば36500%にもなるこんな高金利で借りてしまえば、もはや返済は不可能です。なぜこんな高金利なのにお金を借りてしまうのかといえば、目先の金利支払いのことしか考えていないからに他なりません。

 

初回の金利額を見てこれなら払えると安心してしまうと、その先に待っているのは地獄です。

 

違法業者に騙されないためには、目先の支払金額ではなく刈り続けたらどうなるのかを考えることが重要です。金利計算なんて面倒くさいと考えていると、ヤミ金業者のカモにされてしまいますから注意してください。

 

手を出してしまう理由は人それぞれですが、中でも多いのがキャッシングの支払いができないことの他にカードの支払いができない方のその場しのぎの借り入れです。しかし、ヤミ金で一度でも借りてしまうと今よりも状況はさらに悪化することとなるので、絶対に借りないようにすべきです。